ささゆりヘルスクリニックネット予約 ささゆりヘルスクリニックLINE予約
ささゆりヘルスクリニック電話番号

再生医療Regenerative Medicine

HOME診療内容再生医療
自己幹細胞治療

幹細胞治療とは

再生医療とは、細胞が持つ自然治癒・再生する能力を活用した最先端の医療になります。
体の傷ついた組織や失われた機能を再び取り戻すことを目的とし、これまで治療が難しいとされていた病気・ケガの新しい治療法として注目されています。
幹細胞治療では、患者様ご自身の脂肪由来の幹細胞を培養し、再び身体に戻すことで機能の回復を促します。

培養中の間葉系幹細胞

幹細胞のもつ分化能力

再生医療において重要な役割を持つのが幹細胞です。
幹細胞は、様々な細胞に変化する『分化能力』を持っています。
心臓や肝臓などの臓器の細胞、皮膚になる細胞、関節や骨・軟骨・筋肉の細胞など、様々な細胞になり得ます。

幹細胞のもつ分化能力
人間の身体に存在する幹細胞を「成体幹細胞」と呼び、「脂肪由来」「骨髄由来」「臍帯(さいたい)由来」「歯髄(しずい)由来」「胎盤由来」と様々な組織から採取できます。
中でも脂肪由来の幹細胞は、比較的採取が容易で体に負担が少なく、多量採取が可能なことから注目を集めています。

幅広く応用できる幹細胞による機能回復

もともと身体には、弱ってきたり傷付いた部分を修復しようとする働きが備わっています。
この修復しようとする幹細胞の働きを最大限に引き出し、機能不全になった臓器や軟骨がすり減って動きが悪くなった関節に対して集中的に機能回復をはかり、再び正常な機能を取り戻すことを目的とした医療になります。
また、病気やケガだけではなく、衰えた肌の機能を細胞レベルで回復させる肌再生、加齢による薄毛治療を改善させる毛髪再生といった幅広い分野で応用できるのも再生医療の特徴です。

幅広く応用できる幹細胞による機能回復

当院の幹細胞治療

ささゆりヘルスクリニックは「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」を遵守し、厚生労働省に第二種再生医療と第三種再生医療等提供計画を提出し、計画番号を取得した医療施設です。

第二種 PB5190040
自家培養真皮線維芽細胞移植術
第二種 PB5210017
自家脂肪由来間葉系幹細胞を用いた関節痛、変形性関節症治療
肌細胞補充療法による肌再生(真皮線維芽細胞移植)

肌の再生医療(肌細胞補充療法)は、少なくなってしまった肌細胞を移植して増やすことで、老化症状を直接治すのではなく、老化症状が起こる前の肌本来の状態に戻す治療になります。
肌細胞を補充することで、再びコラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチン等を生成しコントロールする機能が戻るので、その結果、肌のハリやシワの改善などの若返り効果とともに、老化の進行を抑えるという働きがあります。

自己幹細胞による関節症治療

ひざ・ひじ・肩など、日常生活に支障があるが手術は避けたい方、ヒアルロン酸では効かなくなってきた方に、幹細胞治療では、ご自身の脂肪から採取した幹細胞を培養させ、患部に注入することで炎症をおさえ、損傷した組織の機能を再び取り戻します。
近年ではアスリートにも注目されている治療法です。

治療の流れ

step, 01診察・血液検査

診察によりこれまでの治療を確認し、病状の進行具合・障害の程度に応じて幹細胞治療の適応など、治療方針を相談します。また、血液検査を行います。

step, 02採血・脂肪採取

患者様の腹部から約10~20g ぐらいの脂肪組織を採取します。また、培養時の栄養分をとるために必要な血液を30~60ml ほど採血します。採取した検体は国の許可を受けた細胞培養加工施設に運び込まれます。

step, 03抽出・培養

細胞培養加工施設において脂肪組織から間葉系幹細胞を分離・培養を行い、幹細胞を増殖させます。

step, 04点滴投与・評価

培養した間葉系幹細胞を静脈への点滴投与で患者様ご本人の体内にお戻しいたします。投与後は、担当医と相談したスケジュールで経過観察をおこないます。

幹細胞バンキング

幹細胞バンキング

採取した幹細胞は、厚生労働省が認定した幹細胞培養の専門機関である細胞培養センターで培養します。
また、培養した幹細胞を凍結保存することも可能です。 保管された細胞は、数年後~十数年後、再びご本人の体内に移植することができるため、将来の治療に備えることが可能です。

P R P 療法(多血小板血漿治療)

PRP療法とは

PRP(多血小板血漿: たけっしょうばんけっしょう)は、傷ついた血管や細胞を治療する働きを持つ血小板を多く含む成分です。
血小板には体の細胞を再生させる成分である「成長因子」が多く含まれています。血小板が傷ついた組織に集まり、血液凝固の過程で様々な成長因子を放出し、ダメージを受けている箇所の修復を促進させます。
PRP 療法では、患者様ご自身の血液を採取し、高濃度に抽出したPRP を治療したい患部に注入して、自然治癒力を活性化させて修復する治療法です。

PRP療法とは

PRP(多血小板血漿)に含まれる主な成長因子

成長因子の種類 主な効果
PDGF 血小板由来成長因子 線維芽細胞の増殖を促進、血管新生、組織の修復、コラーゲン産生
EGF 上皮成長因子 肌のターンオーバーを促進、血管新生、創傷治癒
FGF 線維芽細胞増殖因子 コラーゲン・ヒアルロン酸等を産生、血管新生、創傷治癒
VEGF 血管内皮細胞増殖因子 育毛、発毛、血管内皮細胞の増殖、血管新生
TGF-β トランスフォーミング成長因子 上皮細胞・血管内皮の増殖、抗炎症、創傷治療

PRP療法で期待できる効果

  • 肌のコラーゲンを生成し、シワを改善
  • 頭皮の毛母細胞の生成および成長が活発になり、毛周期の成長期を延長
  • 変形性関節症による関節痛の軽減  他
  • 歯周炎で破壊された歯周組織および付着歯肉を再生

当院のP R P 療法

ささゆりヘルスクリニックは「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」を遵守し、厚生労働省に第二種再生医療と第三種再生医療等提供計画を提出し、計画番号を取得した医療施設です。

第二種 PB5210016
多血小板血漿を用いた整形外科疾患に対する関節内治療
第三種 PC5210001
多血小板血漿を用いた皮膚再生治療
第三種 PC5210002
多血小板血漿を用いた毛髪組織再生療法
PRP(多血小板血漿)治療による肌再生

豊富な血小板を含んだPRP を加齢でダメージを受けている皮膚に注射器で注入することにより、肌の組織を修復し、再生を促進させる治療法です。ヒアルロン酸など薬剤注入により物理的にシワを埋めるのとは異なり、根本的な治療で肌内部からの改善を促すため、とても自然な仕上がりになります。

PRP(多血小板血漿)治療による毛髪再生

PRP が放出する再生因子が複合的に働くことで、毛根に対して「抗アポトーシス」効果をもたらすと言われています。抗アポトーシスとは細胞死に対して抵抗することを言い、活性化されることにより、毛周期中の毛乳頭細胞の生存期間を延ばします。また、頭皮部分の組織を再生および発毛不全となっていた毛根に対して育毛を促進させることで、毛髪の再生を促す治療法です。

PRP(多血小板血漿)治療による関節症治療

ひざや肩などの関節の痛みに対して、手術をせずに軽減させるだけではなく、機能改善までも期待できると言われています。近年ではスポーツ選手の肩・肘の故障の治療法としても注目されています。

治療の流れ

step, 01診察・血液検査

患者様のお悩みや症状から診断し、検査の内容についてしっかりと詳しく説明いたします。

step, 02採血

血液を採血します。

step, 03PRP(血小板)を抽出

採取した血液を、専用の遠心分離機で分離し、PRPを取り出します。

step, 04治療部位にPRPを注入

お肌や頭皮など治療部位に注射器でPRPを注入します。

step, 05治療部位にPRPを注入

PRP療法は時間をかけて肌組織を再生させる治療のため、注入数ヶ月後に再検診をおすすめしています。

【注意事項】

● リスク・副作用について
・ 稀に注入した部分に内出血や周辺部の赤み・腫れ・硬さが現れることがあります。
  2 週間程度で落ち着いていきます。(個人差有。皮膚の薄い目の下などはやや長引く可能性有)

● 以下の方は治療をお受けできません。
・ 妊娠中、または妊娠の可能性がある女性、授乳中の女性
・ 心臓病・脳梗塞の既往歴がある方
・ 血液を固まりにくくする薬を服用している方
・ 肝臓疾患がある方
・ 悪性新生物が存在する方
・ 未治療の活動性の感染症が存在する方
・ その他、医師が不適切と判断した方

メニュー

閉じる